2020/1/5に訪れた、静岡県賀茂郡南伊豆町の波勝崎に建っている波勝岬灯台です。
(Canon SX70HS  F 4.0  S 1/1000  ISO 100)
IMG_0134



本日6基目は、波勝岬灯台へ。
草木が茂っている季節は、到達困難と書いてある記事を散見するが、今は冬。
草は枯れ、落葉樹は葉を落としているので、もしかしてと淡い期待で挑戦してみる。


安良里灯台から約27㎞、45分くらいで灯台へのアクセス場所に着いた。
波勝崎苑 猿園の手前の道路は広かったのでここに駐車した。
写真中央の道を左へ入って行く。
時間は15:15
IMG_0091


15:20
Y字分岐に到着。
ここを右へ入って行く。
IMG_0094


落石なのか石が転がっているし、小枝、木の葉などに覆われているが、
人が歩いているのだろう、真ん中は通路のようになっている。
灯台まで行けるような気がしてきた。
IMG_0095


15:26
舗装道路が終わり、ここから左へ入って行く。
木を伐採した跡もあり、草も刈った後なんだろうか、難なく通れる。
IMG_0096


上の写真の場所を抜けると右へ。
右方向はススキなのか萱なのかわからないが、冬枯れしているが残っている。
しかし踏み跡があるので通れた。
IMG_0097


グーグルの航空写真では灯台が白く写っているが、国土地理院の地図には灯台のマークがない。
正面に見える山のどこかに灯台があるのだ。
IMG_0099


なんとなく見える踏み跡を追う。
山腹をトラバース的に時計で言うと1時か2時方向に進む。
やはり人が通っているようだ。
灯台巡りの人か?
まさかねえ、灯台の仕事関係者でしょうねえ。
IMG_0100


15:30
前方に鉄製の単管の手摺の有る階段を発見。
Lighthouse-Japanのdunkanさんの記事の場所にたどり着いたようだ。
小さくガッツポーズ。笑
テンションが上がってきた。
IMG_0101


最初の階段を過ぎると、普通の山道。
IMG_0104


この後も何度も階段、山道、通路が現れるので、そこを歩いて行く。
普通の山歩きより楽かも。笑
水平移動の通路は薄板のせいで腐食が激しい。
両側の単管を踏んで進む。
IMG_0106



15:41
尾根を越えて西の斜面に出たようだ。
通路に西日が当たっている。
ここを降りると左へ曲がって行く
IMG_0120



15:42
ロープをつかんで水平移動。
下へ降りていく長い階段の場所に到着。
IMG_0121


かなり急な傾斜だ、手摺を握って下りる。
IMG_0127


まだ続いている。
階段部分は落ち葉や小枝でかなり埋もれている。
IMG_0122


まだまだ下りて行く。
灯台ってこんなに下なん?
だんだん不安になってくる。
手摺の接続部分がかなり錆びている。
IMG_0124


まだまだまだ続いてるが、信じて進むしかない。
IMG_0126


15:48、
階段を下り始めて6分、
駐車場所から33分、
灯台が見えた!!!

到着!!!!!!!
この階段がないと絶対に行く事が出来ない灯台だ。
IMG_0128


だが、灯台の横にソーラーパネルを取り付ける架台が燈籠付近まで組み付けてあり、
しかも頂部はチェッカープレートを敷いてあるのだろう。
灯台の頂部は見えない。
それに木の枝も茂っており、撮影には向いていない。
(Canon EOS Kiss X9i  F 6.3  S 1/80  ISO 100)
IMG_9395


安良里灯台では日差しがなかったが、救いは日差しがあるので写真のコントラストは良い。
(Canon EOS Kiss X9i  F 8.0  S 1/160  ISO 100)
IMG_9401


銘板。
波勝岬燈台
初点 昭和52年3月
IMG_0130


この灯台は鉄製なのかな?
アンカーボルトで固定されているように見えるが。
でも、ベースプレートも薄いし、リブも小さいし、アンカーも細い。
IMG_9403


どこかの場所で頂部が見えないかと思って周りを見ると、階段の右側の小高い所まで登ると見えそうだったので行ってみる。
その場所の写真は撮ってないが、階段の手摺をまたいで登る。
この場所にも踏み跡のような跡が残っている。
やっぱり人が来ているようだ。
IMG_0133


期待通りに灯台の頂部が見えた。
このアングルだけが木の枝に邪魔をされずに頂部が見える場所だった。
その時の一枚がトップの写真。

頂部はこんな感じ。
ここからは灯器は見えない。
IMG_0134 (1)


灯器が見えないかと海側に行ってみるが、すぐに崖のようになってそれ以上進めない。
その場所から、木の枝の向こうに灯器が見えた。
カメラを出して不安定な状態で電源を入れる。
なんていう事だ!!
電池を交換してください
のメッセージ。


いつもはリュックに予備の電池を入れていたのに、今日は入れてなかった。
広角を付けたカメラで撮ったが、フォーカスが手前の木の枝にいってしまって灯器は拡大しても見えなかった。
LB30型の灯器に見えたが。。。
IMG_9404


ネットの記事では、何人かの人が草が生い茂って進めずに到達をあきらめたとあったが、
私は運が良かったんだろう。
灯器の写真は撮れなかったが、灯台に行く事が出来て大満足だ。


車に戻った時間は、16:32。
往復に77分かかったことになる。 

次は石廊埼灯台の予定なのだが、着いた頃には暗いだろう。
行けるだろうか。
まあ、行くだけ行ってみよう。


スマホのGPSが機能していなくて、ログの取れていないところもあるが、灯台の位置は正しい。
参考程度に見てください。
hagati


岬の灯台訪問一覧表はこちら
訪問灯台と車の駐車場所の地図は以下。